歳時記

送り火


「送り火は」名残を惜しむように 茄(なすび)をうつむき加減の牛に見立てて作り オガラを焚きました。お土産を沢山 [...]

全て表示

迎え火


お盆の迎え火を焚きました。 迎え火では 胡瓜を馬に見立て、送り火では 茄子を牛に見立てます。子供の頃に親から教 [...]

全て表示

夏越のおお祓


三輪の茅の輪神事 大祓は6月晦日と12月晦日の年2回行われ、半年の間についた罪・穢れを、身代りとなる人形に託し [...]

全て表示

端午の節句飾り


「葉音」を菖蒲に見立てた床飾り あらためて菖蒲の葉を見ていると、出雲から出土した「古代の剣」銅剣を見ているよう [...]

全て表示